ランキング

ラブサーチ

2001年のサイト開設当初から、サクラゼロを宣言し真面目に運営をしている。

現在まで数々の出会い系サイトができては消えていったが、ラブサーチは「良質なコミュニケーションの場を提供する」というコンセプトのもと、その運営のしっかりさで現在トップクラスの位置付けとなっている。

一ヶ月プランで男性月額3980円の料金。で、すべての機能を使い放題。
6ヶ月プランでは、月額実質換算3000円ポッキリ価格!
通常、まともに出会うにはメールのやりとりからある程度信用してもらうまで3ヶ月ぐらい掛かりますから、じっくり取り組む人にはピッタリです。

ここにしかない楽しい機能もたくさんあり、会員を飽きさせずにアクセスする道へ演出がすばらしい。これだけの機能があるのに、月4000円以下の低料金で提供していることで、ファンはますます増加中。
3ヶ月、12ヶ月のお得プランもあり、期間に合わせて選べて大人気です。)

トータル登録会員数は、男性有料系(女性は無料)としては異例の150万人を突破し、現在も会員数は着実に増えている。
特徴は、その人気度からアクティブな会員が継続的に登録するところにあり、休眠会員が多いコミュニティ系とは明らかに一線を画す。

2016年で運営15周年。ラブサーチがきっかけで結婚した会員も相当数出てきており、もはや男性定額制のカテゴリの範ちゅうにとどまらず、まじめな結婚サービス情報系として、会員も着実に増やしてきている。

初心者から、他でイマイチな状況でも、一度使ってみる価値がある口コミ評判バッチリ。
iPhone/Androidスマートフォンに対応済!オススメ!

女性はすべて無料!(→年齢確認書類だけで登録OK。)

→ラブサーチは出会える恋のSNS[18禁]

partners125125a.gifパートナーズ

アラサー・アラフォーも気がねなく、賢い恋人探し・婚活へ、まずは無料登録でベストパートナーをご紹介!
(スマートフォン対応)

男性無料お試しが人気の、男子月額定額制恋愛・結婚サポートサイト。
無料で、「新規登録」「プロフィール作成」「ミニメール送信」「メール受信」「ベストパートナー紹介」が利用できる(無期限)。
お相手とのメール送受信は、男性は有料で定額制。
女性に関してはすべて利用無料。

男性有料会員:30日コースで、2,980円(期間により各コース割引料金設定あり)


2010年に、機能・レイアウトを大きく変更したのが評判よく、2011年に入り会員数は急激に伸びている。2013年も継続中。
特に、まじめなネットの恋人探し・婚活系としてジワリジワリ人気が出てきている。
結婚相談所サービス系の料金が、現在も非常に高額であるため敷居が高いことも登録会員数が伸びている背景にあるようだ。
最初は気軽に試していきたい・・・・そんな男性陣のニーズを的確にとらえた良質どころ。


人気が出ている一つの理由として、男性有料会員になる前に無料会員制度があるのがいい。
中身の機能や雰囲気、会員がどれぐらいいるんだろうとか、使い勝手はどうだろうか・・・とか料金払う前にある程度感じがつかめるって大切なのでしょう。イマイチだったらやめればいいって感じの気軽さが、逆に会員数を伸ばし賑やかになっている様子。
iPhone/Androidスマートフォン対応もすばやくおこない好印象。


男性有料会員になると支払いは、クレジットカード決済と銀行振込みによる決済の2パターン。
女性はすべて無料なので支払いはありません。


ネットでコミュニティを使ったことがない人は、高価な結婚サービス情報系の前に、の感覚で利用に使うといいのでは・・・。

男性はまず、無料お試しがオススメ。

→パートナーズ公式ページへ
(スマートフォン対応)

携帯版のパートナーズを即見てみたい方は↓

bridalnet125125a.jpgブライダルネット

結婚・婚活サービスサイト。
入会金不要!
月会費コース→月額3000円
年会員コース→年会費30000円
男女とも金額は同じ。まさに、条件平等。金銭的に対等ですので、女性も真剣な人の比率が自然と高くなっている感じ。

まじめな恋人探し、婚活系としては、月会費も高くというほどでもなく、どちらかというと気軽に使っている方が多い。でも評判はすこぶる悪くない。

2003年、ヤフー株式会社の出資により、Yahoo! JAPANグループカンパニーに。(その後、現在は、独立会社として運営されています。)
その後も、着実に会員を獲得。もちろん結婚情報サービス系なので、書類の確認等は、シッカリ。
2012年、運営会社の株式会社IBJが大阪証券取引所JASDAQ市場へ上場。ジャスダックに上場を果たしたこともあって、認知度UP。
2013年、入会金を撤廃、格安料金設定となった。ますます使いやすくなり、登録会員数も順調に伸びています。
結婚前提、お安く活動したい方にオススメ!

最近ではさまざまなキャンペーンも実施中。競争激しくなっているコミュニティだが、結婚情報サービス系のこのブライダルネットが、ポータル系の使い勝手の悪さをしのぎ、機能と価格でおもいっきり先行しそうな雰囲気があります。
理由はやはり、株式を上場したことで、大幅に認知され、信用力も大幅アップしたこと。

上場会社というブランドの決定力は、とんでもなくはかりしれない状況で、登録者数も大爆発中!

→ブライダルネット公式ページへ


携帯版ブライダルネットを即見てみたい方は↓


[掲示板]
出会い系サイトの中でも、最もオーソドックスな形式です。
直アド公開型の無料サイトから有料サイトまで様々です。
[チャット]
PCではライブチャットが多いです。
無料のものですと、相手の顔などは確認できません。
[私書箱]
会員にメールボックスが用意される物です。
アドレス非公開型掲示板を私書箱と呼ぶこともあります。
アドレスが非公開になる代わりに、会員登録が必要になることが多いです。
[お見合い]
イベントなどに参加して、実際に相手に会う形式のものです。
[SNS]
趣味の合う仲間と集まるコミュニティといったサイトが多いです。ブログや掲示板など様々なことが楽しめる複合型コミュニティサービスです。